シンガポール→橋通って国境超え→ジョホールバルinマレーシア。そこそこ治安が悪い都市で平和ボケのわれわれが気をつけるべき5つのこと!

Pocket

「…なにそれ、どこ?」なジョホールバルに行ってきます♪

こんにちは!travelHERのAzusaです。

あたい
いきなりですがわたくし9月末にマレーシアのジョホールバルへ行く予定です♪

シンガポールと繋がれたマレーシアの国境にある都市ジョホールバル。

ブロガーさんやYou Tuberの方たちと行くのですが、男性がほとんどなので、

まったくもって女子旅気分ではないですw

しかし、”きっと男性が守ってくれるわぁ〜”と浮かれ気分では、女子旅やひとり旅で行くtravelHER読者さんへ有益な情報はお届けできない…と思い、

わたし一人でジョホールに臨んでいくつもりです。(気持ちはネw)

てゆーか絶対一人になる瞬間はあるだろうし、クラブとか行ったら大抵一人になりますしね。

(夜遊びスポット特集もするからお楽しみに♡)

犯罪も未然に防ぐに越したことはない、ということで♪

ジョホールバルへ行こうとしてるみなさん(…いる?)!

気をつけるべきこと!を現地に詳しい友人、在住中の友人に聞いてみましたよ。

意外と知られていないけど、マレーシアは東南アジアで犯罪件数トップをぶっちぎる国…!!

ジョホールバルはリッチなシンガポールと、発展中のマレーシアの国境です。

メキシコとアメリカの国境ティファナしかり、そういったボーダーには犯罪というのは起きやすいもののようです。泣

犯罪といっても殺人や銃関連などではなく、観光客や、シンガポールからマレーシアに遊びに来るお金持ちを狙ったご当地ギャングによるスリやひったくり、レイプや痴漢などの犯罪が主です。

ルール1.  自慢のデコルテ、胸、足、肌などはひけらかさない!

イスラム教の国ですので肌見せはタブー。文化的な場所だけでなく、公共の場では×。

露出=レイプ容認と思う犯罪者もいます。そして舐め回すようにジロジロ見られます。

女子なら絶対イイ思いはしないので、ストールなど常に持ち歩きましょう。

ルール2.  現地で自分を着飾りたい気持ちはグッとこらえる!

腕時計、ネックレス、ブランドバックなどはまず狙われます。

そんなのどうやって盗るの?と思いますよね。ギャングの頭脳は想像を超えるのです。

腕時計は刃物で手首ごと切り落とす、ネックレスは引きちぎるといったケースあり。

部屋に帰ってきた途端、目をつけつけてきた強盗に刃物で脅され奪われるのも多数。

外を出歩く時、「コイツ金もってんな」と思われたら終わりです。

現地の人と同じような格好が一番安全のようです。

ルール3.  貴重品はブラに?財布・お金は極力人の目につかないように隠す!

「お財布なんぞを持ち歩くのはバカのすることだ!」ばりに友人に言われましたねw

財布をポケットに入れればすられるし、バックごと持ってかれる可能性もあるので、

紙幣をそのままポケットに入れてマネークリップで止める、と良いそうです。

でも、女の子コレむずくない!? てか普段ポケット使わなくない?と思い、

ブラの中に紙幣を隠すのはどうかな?と思ったんだけど、そんなとこ万が一見られたら、

”あいつレイプしてついでに金取れる”とか思われて一石二鳥感しかないからダメ!絶対!

ルール4.  ショートカットだめ!大通りの「壁際」を歩こう!

近道しちゃお〜♪とかいって小道に入ったらいけないよお嬢さん!

婦女暴行は人気の少ない道で起こります。あと、ひったくりも多し。

バイク時速約60kmでショルダーバックでも転ばせてかっさらいます。

もの盗られる&だいぶ大っきめのケガするのダブルパンチは絶対に避けたいところ。

歩く時は車道から離れる(壁際が良い)。トートバック、クラッチバックなんて論外!!

ルール5.  気をつけるべきは…まさかのポリス!!

マレーシアは警察の腐敗がひどく、ジョホールは特にひどい汚職っぷりだそうです。

どのようにかと言うと、特に外国人は何か被害にあってもあまり相手にしてもらえず、

何かと検問されたり職質されることが多く、パスポートがないと犯罪者扱いにされたり。

「署で話聞くから。え?嫌?…しょうがない、お金払えば取り消してあげるよ。」

とヨユーで賄賂としてお金をせびられます。

ちょっと信じられないけど、本当だそうです。

外国人の信号無視など小さな突っ込めるタイミングを常に彼らは探していて、

止められたら最後、賄賂を払わなければ連行しようとします。

刑務所とか言われたらマジでビビってみんなお金払いますよね、そりゃw

とにかく、警察に止められるようなことは絶対に起こさないことが大事!

そしてパスポートコピーはID代わりにも必ず持ち歩きましょう。

  

以上であります!

その国の治安や文化、宗教の下調べはとーっても大切ですよね!

日本人にとって宗教はあまりなじみのないものでも、国によっては宗教をベースに人々の生活が成り立ってたりしますよね。特にエイジアは。

訪れる国の人に敬意を払う意味でも、理解はできなくても、習慣や文化に従うことは大切だとわたしは思います。

旅行で嫌な思いをして「〇〇行ったけど最悪だった〜」って思いがちですが、その国が悪いのではなく、行く前に最低限知っておくべきことを学ばなかった自分のせいですね。ちーん。

その国の人とコミュニケーションとったり、仲良くなったりするのが旅の楽しいイベント上位なのにも関わらず、

「これだから観光客は。」とか「失礼なやつだなコイツら。」とか

言われなかったとしても、そんな風に思われたくないし、めっちゃ悲しすぎて立ち直れない…

記事読んで脅し気味に捉えちゃった方もいるかもしれないけどそうではなくてw

せっかくの旅行、オシャレもしたいし、常にヒヤヒヤしながら街を歩くのはおっくうだけど、

この小さなことを気をつけるだけで犯罪に会う確率はグッと減らせます。

大切なのは、「みすみすターゲットにならないこと!」

”日本人だよ=お金あるよ、ガードもゆるいよ=成功率高いよ”と思わせないこと。

楽しい思い出だけで終われるように、”賢く”旅しましょう!

追記

無事に帰って来れました〜。

というか私たち御一行、誰もなんの被害もなく、ニアミスでもなく、何事もありませんでしたw

もちろん夜遅く出歩くと治安の悪そうな場所もありましたが、昼間はみんなフレンドリーでとても治安が良いように感じました。

JB観光予定の方、ガードは厳重に。でも、恐れず楽しんで来てくださいね!

報告までに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください